FC2ブログ
パトランプ(回転灯)に惹かれて
名古屋市を中心に 人気の喫茶店や、懐かしい喫茶店の情報を紹介しています
プロフィール

喫茶店大好き

Author:喫茶店大好き
気になる喫茶店を一緒にたどってみませんか



最新記事

内容は訪問当時の情報を元にしています。 現状と異なる場合には、お手数ですが情報をお寄せ下さい。こちらで修正します。



検索フォーム



ネット通販

いぬのきもち&ねこのきもち

雪印メグミルクダイレクト機能性食品

ブックオフオンライン

ココチモ



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ブログランキング参加中です。クリックをお願いします
にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
快活CLUB 名古屋競馬場前店
快活CLUB:外観1
快活CLUB







こちらは名古屋競馬場の近くにあるマンガ喫茶です。
24時間営業で無休なので、
使い勝手の良いお店です。


料金表
快活CLUB:料金表



オープンシートは会員登録無料で、最初の30分が226円(税込み)、
10分ごとに69円の追加料金となります。

3時間(630円),6時間,9時間,12時間(2,760円)ごとに
パック料金に自動的に切り替えられます。

また、60歳以上ブースの割引もあるようです。


メニュー
快活CLUB:メニュー1


モーニングは、6:00~10:30で、
セルフサービスながらトースト、ポテチなど食べ放題のようです。
また、朝カレー、朝うどんが206円で用意されています。
この他、530円のランチメニューもいくつか用意されています。


フリードリンクは、ベンダーに珈琲、紅茶の他、各種ジュース、炭酸水がありました。
ソフトクリームも食べ放題となっています。


フリードリンク
快活CLUB:店内1



お店のカードは作ってありましたが、
今回は初めての利用なので、オープン席を利用し、
フリードリンクを利用し、店内の様子を観察しました。
土曜日のお昼時なので、オープン席はけっこう混雑していました。



2019.9.7






関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 名古屋競馬場前駅




スポンサーサイト



オレンジボート
ボートピア名古屋
ボートピア名古屋







こちらは 名古屋市港区の場外舟券売り場「ボートピア名古屋」
の1階にある食堂です。


外観
オレンジボート:外観


椅子テーブルが備えられた食堂形式の施設です。


店内
オレンジボート:店内2



食事の注文の仕方は
食券自販機で購入するのではなく、
カウンターで直接注文し、先に会計を済ませます。


オレンジボート:店内1



料理ができると呼ばれるので、
トレーに配膳された食事を自分の席に持ち帰る セルフのお店です。


料理の種類は ごくごく一般的な 丼物、麺類、各種定食類が用意されており、
お値段も 中華蕎麦、カレーライスの500円から
味噌カツ定食の780円までと、お値打ち価格です。


メニュー
オレンジボート:メニュー



この日は 玉子丼をいただきました。


オレンジボート:玉子丼1
玉子丼(580円)

具材は やや薄味の 醤油の色も薄い玉子でした。

短冊に切られた かまぼこが入っているのが
個人的には珍しく感じました。
篠田丼のよう?


ボートピアの上の階には 有料席があり、
そちらから注文があると、出前もしているとのことです。



2018.12.10






関連ランキング:喫茶店 | 築地口駅名古屋港駅港区役所駅




オリーブ
オリーブ:日替わりランチ3
日替わりランチ : オリーブ








時々出かける 名古屋市港区の甚兵衛通沿いの石島接骨院の帰り、
ガソリンスタンドに立ち寄るため、甚兵衛通三を東に入ったところ、
こちらのお店を発見しました。

3軒並ぶ飲食店の右側のお店が ここ喫茶・軽食「オリーブ」さん。


外観
オリーブ:外観1



外見は レトロ感がいっぱいのお店で、
お隣はシャッターが閉まっているし、
半信半疑で店前の駐車場に車を止めました。


店内
オリーブ:店内1



12時ちょうど、営業中のようで、
ママさんは 日替わりランチの準備をしている真っ最中。

美味しそうだったので、メニューを見ずに、
日替わりランチを注文しました。


オリーブ:日替わりランチ1
日替わりランチ

店内は ソフトビニール張りのクッションの良いボックス席がいくつか並び、
歴史を感じさせるお店でした。


私が一番客でしたが、
その後、近所のご隠居さん、作業服の会社員、OLさんグループなど、
続々と来店し、あっという間に満席になりました。


オリーブ:日替わりランチ2
日替わりランチ(700円)

いただいた日替わりランチは
惣菜とご飯が重箱に収まり、お店お汁が付いています。

内容は 
メインの揚げたてのコーンコロッケと、キャベツ・キュウリ・トマト・玉子のサラダ、
ロールキャベツ、鰯の煮物、筑前煮、菜っ葉おひたし、漬物。
味噌汁、ご飯です。


最初にいただいた 鰯の煮物は骨まで柔らかく美味しかったです。
コーンコロッケは揚げたてで熱々。
久しぶりに食べたロールキャベツ、美味しい。

ご飯は少なめなのが、却って良かったです。
バランスのとれた内容で、人気の理由が判ります。
ごちそうさまでした。

 
ちなみに ママさんは 店名の通り、
オリーブを彷彿とさせる 細身の妙齢のご婦人でした。



2018.11.27






関連ランキング:喫茶店 | 荒子川公園駅稲永駅名古屋競馬場前駅




お寺カフェ 「一輪」
お寺カフェ一輪:本日のランチ2
本日のランチ:お寺カフェ一輪










こちらのお寺カフェ 口コミでは聞いていましたが、
お店の入り口がどこなのか判らず、ずっとおじゃまできませんでした。

東海通を東から車でやって来ると、
お寺のある交差点を過ぎて、一方通行を左折し、すぐまた左折。

お店の前には 4台ほどの駐車スペースがありました。




お寺カフェ一輪:外観1


お寺カフェ一輪:外観2


お寺カフェ一輪:外観4


お寺カフェ一輪:外観3


エントランスのお庭、店内ともに 和モダンな雰囲気で、
落ち着いた時間を過ごすことができます。



店内
お寺カフェ一輪:店内5


お寺カフェ一輪:店内1


お寺カフェ一輪:店内2


離れの客室
お寺カフェ一輪:店内3


お寺カフェ一輪:店内4





本日のランチ
お寺カフェ一輪:メニュー1


ドリンク、スイーツメニュー
お寺カフェ一輪:メニュー2



今回いただいた 本日のランチ

お寺カフェ一輪:本日のランチ1
本日のランチ(780円)

内容は、主菜がワンプレートに盛り付けられ、
ポークソテー野菜炒めと、サーモンフライに、
たっぷりのレタスとキャベツのサラダ
ポークソテーは少し餡で絡められ、とても柔らかかったです。

小鉢は2つあり、
セロリとジャガイモのきんぴら、ひじきの煮物、
ごはん、味噌汁、


お寺カフェ一輪:アップルティー
アップルティー(ランチのセットドリンク)

食後のドリンクは ホット紅茶

奥さんは、「ホラホラ」
初めて経験する味。
アセロラのような甘酸っぱい味でした。







(ちょっとした不満)

飲み物が提供されるタイミングについて
食事が完全に終わる前に 熱い飲み物が出され、
冷めてからいただくことになりました。

営業時間が終わりに近づき、
スタッフさんが急いでいたのかも知れませんが、
一言確認して欲しかったですね。

お店への道案内を 電話で伺ったときには
ずいぶん丁寧に説明していただいただけに、残念です。





私は 食後のデザートに
イチゴとフルーツのタルトをいただきました。


お寺カフェ一輪:イチゴとフルーツのタルト
イチゴとフルーツのタルト(420円)

インスタ映えする 美しいデザインでした。



本日のランチは たいへんコスパの良い お値打ちランチでした。




2018.4.12






関連ランキング:喫茶店 | 名古屋競馬場前駅荒子川公園駅中島駅



喫茶 丘
丘:外観1
喫茶 丘









こちらのお店は 名古屋市港区の稲永交差点を北へ
西に入ってすぐの住宅街の一角にあります。


お店のネット情報を頼りに、何度か出かけましたが、
いつもお店は閉まっていました。

外観からすると、営業はしている雰囲気でしたので、
電話をかけて確認すると、午前10時までの営業とのこと。
急いで、出かけました。



駐車場
丘:駐車場


お店の横の空き地に 広い駐車場がありました。


お店は けっこう大きな建物ですが、
少々歴史を感じさせる風貌です。
店内も 客席のキャパシティーはかなりありました。


店内
丘:店内1


丘:店内3



地元の常連客さん(この日はおじいちゃんが多かったですね)が
数グループいらっしゃいました。

お店の方に伺うと、創業50年くらいになるそうです。

昔は 珈琲を飲みに来る一般のお客さんや、
食事、珈琲タイムに利用する会社員、
商談などで利用する営業マンなどたくさんいたけれど、
ランチも コンビニ弁当などで済ませる会社員が多くなり、
夕方まで営業していたのが、お昼も止めになり、
今はモーニング時間帯のみの営業となったそうです。


ブレンドコーヒーにモーニングサービスを付けてもらいました。

丘:ブレンドコーヒー・モーニング1
ブレンドコーヒー(350円)

内容は トースト1枚、ゆで玉子、おつまみのお菓子。

昔ながらの ややハードな味わいの珈琲でした。

 
お店は 初代のおばあちゃんの他、娘さん?の二人で切り盛りされていました。
元気なうちは 頑張りたいとおっしゃっていました。




2019.1.12






関連ランキング:喫茶店 | 稲永駅野跡駅荒子川公園駅